テキストエディタの変更(2018/5/30)

TeraPad の不具合

私はいつもテキストエディタは TeraPad を使って HTMLファイルを作成していました。 HTMLファイルの文字コードはUTF-8(N)です。 TeraPad の初期文字コードも UTF-8(N) に設定していましたので、どのファイルも文字コードは UTF-8(N) になっていると思っていました。

ところが、先日CSSファイルの一部の文字コードが Shift_JIS になっているのに気づきました。 どうも TeraPad は全角(日本語)を含まない半角英数字のみの文書は自動的に Shift_JIS で保存されるようで、 知らぬ間に UTF-8(N) から Shift_JIS に変わっていたようでした。 CSSファイルには適当に全角文字を入れ修正しておきました。

問題は JavaScript ファイルです。 JavaScript ファイルは webからいただいてくるケースが多いので、著作権の関係から加筆・修正はしたくなかったんですね。 元々はどの文字コードで書かれていたのか分からないのですが、 TeraPad では ダウンロードして開きますと文字コードが自動的に Shift_JIS になってしまいます。

しかも、文字コードを UTF-8(N) に指定し直して保存しても再度開いたら Shift_JIS になってしまうのです。

設定もできないようでしたので、結局、半角英数字のみの文書でもちゃんと UTF-8(N) で保存されるテキストエディタ Notepad++ に変更することにしました。

Notepad++ をダウンロードしてインストール

ファイルにテキストエディタを関連付け

jsファイルや cssファイル、 txtファイルにテキストエディタ Notepad++ を関連付けます。windows10 では、 各ファイルを右クリックして「プログラムを開く」→「別のプログラムを選択」→開きたいアプリを選び→「常にこのアプリを使って.**ファイルを開く」にチェックを入れ「OK」ボタンを押します。

サンプル画像 1

Internet Explorer11 の HTMLソースを開くエディタを Notepad++ に変更

IE のブラウザを右クリックすると HTMLソースの編集がすぐにできますので、私は今でも HTMLファイル修正時は IE を使っています。

サンプル画像 2

タスクバーの検索欄に「regedit」と入力してレジストリエディターを開きます。
警告が出ますが「はい」を押して進みます。(※ レジストリを触るので自己責任で)

サンプル画像 3

レジストリエディターの 「HKEY_CURRENT_USER」→「Software」→「Microsoft」→「Internet Explorer」→「View Source Editor」→「Editor Name」を開きます。

サンプル画像 4

(既定)をダブルクリック→「値のデータ」にNotepad++.exe(実行ファイル) の フルパス を入力して「OK」ボタンを押せば完了です

サンプル画像 5

Notepad++ はこんな感じです。 TeraPad とよく似ているのですぐに使えるようになりました。

これで文字コードのことを気にしなくてよくなりました。やれやれ。

ネットには同じような記事がたくさんあります。ですが、そのページもいつまであるか分からないので自サイトにもページを作っておきます。 サーバーの引っ越しと SSL 化によりあちこち修正ばかりです。その度に問題点が出てきて検索して bookmark していたらお気に入りがいっぱいになってしまいました。 もうどれが重要なのかも分からなくなり、こうやってページを作って bookmark を外していっております。笑。
今のネットにはたくさんの解説サイトがありますね。しかも無料で読めるなんてほんと有難いです。

上に戻る